コンタクトはきれいに

admin 31 1月 , 2013

視力がなくなってしまう原因の中で目立つのが、コンタクトの不適切な扱いかたによるものだと効きます。もともとレンズを着用するということは眼球に異物を入れることになるので、いくら品質がよくてゴロゴロした感じを感じないといってもコンタクトを長時間つけていたり、洗浄することを怠ったりしないように留意してください。
全国チェーンのコンタクト専門店に設けられている外来ではなく、コンタクトレンズを最初に装着する際は、しっかりとした目医者に行った方がいいです。専門店併設のコンタクト外来に居る医師は、一般的に研修医などアルバイト扱いの医師が多くて、経験豊富な医師でないケースがほとんどだからです。
コンタクトのアレルギーがあると言われたら、速やかに眼鏡に変えた方が得策です。仕事柄不可能なら、医師に相談して、目薬などを処方してもらいましょう。同時にコンタクトや洗浄液などをいろいろと変えてみて、目に負担の少ない製品を選びましょう。
慣れ親しんでくると、どうしてもコンタクトの着脱が雑になって、炎症などのトラブルが起きてしまいがちです。とりわけ使い捨てできるコンタクトレンズが要注意です。使用期限を過ぎた状態で装着し続けたり、コンタクトを装着した状態で眠ったり、いろいろとトラブルの原因はあります。最初のころの気持ちを忘れないようにコンタクトを利用してみましょう。

目に関する病気の中でかなり知られているのが結膜炎です。所見としては初めは目が少し変なように感じたり、白目の部分が赤くなったり、目やにが大量に分泌されたりすることもありますが、ほうっておくと目がとても痛くなったり涙がずっと止まらなくなったり、瞼の裏に白い膜ができたりする場合もあります。
目は呼吸をしています。だから、眼球にコンタクトレンズ乗せるという行為によってその部分は呼吸することができなくなってしまうという状況になります。なので、酸素透過率という基準によってレンズの品質を考慮しなければならないのです。

コンタクトは医療用の器具です。そのため医者の処方が本当は必要になります。処方が要らない色付きのコンタクトを適当に選んだために、目に合わないで、目の重篤なトラブルが起ってしまうケースもあるのです。眼科医の処方をもらった方がいいです。
目が乾くことをドライアイと呼びますが、角膜乾燥症などとも呼ばれています。角膜乾燥症は涙腺から出ている涙の量が減って瞳が乾いてしまうことが原因で生じ、そのままにすると角膜の表面に障害やアクシデントが起こりやすい目の病気のひとつでもあります。近代ではワープロなどで眼球を酷使しているため相当の社会人がかかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です