フランス筆記用具ブランドパーカーの万年筆

admin 12 12月 , 2013

フランスの高級筆記用具ブランドであるパーカーは現在はアメリカのサンフォードの傘下に入っていますが、その筆記用具のファンからはフランスからアメリカに移っても変わらず愛されているブランドです。
このブランドの中でもデュオフォールドは世界的に有名な万年筆です。数ある製品の中でも最高級品であの太平洋戦争の降伏文書にて署名に使用されたことでも有名です。デュオフォールドはアクリル樹脂の塊を手作業で削る工程から制作されており、今でも変わらず手作りで作られています。また女性におすすめのデザインの万年筆やボールペンやシャープペンシルなども制作されていたり、逆に男性におすすめというカテゴリでの制作もされています。主な製品としては先に述べたデュオフォールド以外にもプレミエやソネットという製品がありプレゼントなどに贈られます。インシグニアやフロンティアという製品は使用目的別に作られていて、インシグニアは手帳用にスリムなボディーをしています。またフロンティアは初心者用という位置づけで価格もリーズナブルとなっています。
製品に対するこだわりは製作過程にとどまりません、購入者向けにケアガイドラインというものを掲げていて末永く筆記用具を使っていただけるようにさまざまな注意とケアの仕方が書かれています。さらに、アメリカ合衆国とカナダ以外の全世界にたいして保証規定を適用していて2年間は材料や製造上の欠陥に対して全額保証しています。カナダとアメリカには別に保証規定があります。また、万年筆のペン先の交換は無償で行っているのも安心して使用できる理由のひとつです。
このブランドの一番の魅力は創始者のジョージ・サッフォード・パーカーにあります。当時インク漏れと寿命の短さがペンの最大の欠点でそれを改善しようとしたのがこの創始者である彼なのです。彼は「よりよいペンを作る」ということをモットーに試行錯誤を繰り返し、素晴らしい製品をこの世に出し続けたのです。時代がボールペン主流になっても変わることなくより良いペンを目指したおかげで素晴らしいペンが生まれました。そしてその意思はいまでも伝統の作り方にこだわることで受け継がれているのです。それが製品に表れており使い心地の良さからもファンの心をいつまでも離さないのです。
このペンを贈り物にするのは現状で満足することなく常に精進を続け成功をおさめたパーカー氏の心も一緒に贈りたいからだという人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です